『これは経費で落ちません』4話のドラマと原作の違い

  • 『これは経費で落ちません』4話のドラマと原作の違い はコメントを受け付けていません
スポンサードリンク

『これは経費で落ちません』4話のドラマと原作の違い京都ん.com

スポンサードリンク





今期のドラマでダントツで面白い『これは経費で落ちません』。
あまりに面白いので原作を買って読み始めています。

『これは経費で落ちません』4話のドラマと原作の違い

原作が作品がドラマ化されるときに設定が変わることはよくあります。
『これは経費で落ちません』を毎回原作小説とは微妙に違いがあります。

『これは経費で落ちません』の中で4話はかなり設定が変更されていました。

『これは経費で落ちません』4話原作あらすじ

総務課の二人の女性がコーヒーサーバーの導入を巡って対立するのは同じです。
しかし、それが発展しいじめのような様相を呈していきます。

陰湿なちょっとした事件らしいことも起きながら進んでいきます。

最終的には部長がポケットマネーでコーヒーサーバーを買って設置します。

スポンサードリンク




『これは経費で落ちません』4話のドラマあらすじ

『これは経費で落ちません』ドラマ4話では、
総務部の由香利(平岩紙)と窓花(伊藤麻実子)が対立します。

しかし、単にコーヒーサーバーのだけでなく、
働く女性のための生き方セミナーを開催する三並(須藤理彩)が絡んでいます。

コーヒーサーバーの問題だけでは地味だから、
現代の女性の自分探しのような物も合わせてきたような内容です。

沙名子(多部未華子)も三並(須藤理彩)誘われて始めはすっかり
感化されてしまします。

しかし、三並(須藤理彩)のセミナーの入会費50万円と聞かされ、
急に現実的になり本来の沙名子(多部未華子)らしさを取り戻します。

スポンサードリンク

コーヒーサーバーの稟議書を通すことになり、
初めての取引先ということで決算報告書を取り寄せます。
それをチェックしていた沙名子(多部未華子)が決算書の内容に疑問をいだきます。

「うさぎは追うな」
と思いつつ気になり三並(須藤理彩)に直接会い決算書について問い詰める。
そしてついにある事実を突き止めます。

営業部の山田太陽(重岡大毅)の
「沙名子さんらしくないです」
「一生面倒みてもいいです」
「未来は自分で決めるもの」
という熱いセリフも沙名子の目を覚まさせた一因かもしれません。

『これは経費で落ちません』4話の感想

由香利(平岩紙)と窓花(伊藤麻実子)がフューチャーされていて少しキツイなぁと思いながら観ていました。
三並(須藤理彩)セミナーで「専業主婦」の危機感を煽るあたりから興味がでてきました。

セミナー商法を警鐘を鳴らす内容かと思ったからです。森若沙名子(多部未華子)は少しふらつくが、
最後には自分を取り戻し三並(須藤理彩)に
「流されず随分しっかりしていらっしゃる。うちのスッタフにならない?」といわしめる。

今居る場所で、自分ができることをやる。
ということで納得のいくラストでした。

スポンサードリンク




このページとよく似たページ:

スポンサードリンク
  • 『これは経費で落ちません』4話のドラマと原作の違い はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

このサイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント